滋賀県湖南市 重信工務店

0120−722−331

資料請求・お問い合わせ

イベント情報

メニューを開く

スタッフブログ 株式会社重信工務店

メガメニュー を閉じる

  • 0120−722−331
  • 資料請求・お問い合わせ
  • イベント情報

2021/12/10

お部屋がおしゃれなヴィンテージ風に!?ビンテージ風インテリアのコツ

投稿者: 情報通のタヌキ

こんにちは!重信工務店のスタッフです。

今回はヴィンテージ風インテリアについてお話していきたいと思っております。
ぜひ参考にしてみてください!

 

▼目次
・ヴィンテージ風インテリアとは?
・ヴィンテージ風インテリア5つのポイント
・おすすめインテリア
・まとめ

 

 

ヴィンテージ風インテリアとは?

ヴィンテージには「年代もの」「古くて価値のある」という意味があります。
ヴィンテージインテリアは名前の通り、時間を重ねた深い味わいのあるアイテムのこと。
クールなイメージですが、どこか懐かしいあたたかみのある雰囲気が魅力です。
インテリアにビンテージを取り入れようと思っても、高価なものがあったりとなかなか手が出せないこともあります。
そこでおしゃれなヴィンテージ「風」のインテリアや小物を取り入れていくのも手軽でおすすめです。

 

ヴィンテージ風インテリア5つのポイント

・質感にこだわる

ヴィンテージスタイルに仕上げるには質感が重要になります。
当然ですが、ピカピカの家具ではヴィンテージの雰囲気が出ません。
インテリアにエイジング塗装やアンティーク風に加工するだけで、ムードがグッとアップします。

 

 

・クラシカルな重厚感

ヴィンテージの独特な空気を作るには、重厚感がポイント。
デザインは、細めのものより少し無骨なスタイルのものを選びましょう。
ソファやベッドならクッションにボリュームのあるもののほうが、雰囲気が出ます。
重すぎるときは、存在感のあるものだけにポイントを絞ってみてください。ほかのアイテムの色を明るくしたり、小物などでバランスを取ったりすることも大事です。

 

・ダークトーンを使いこなす

ダークブラウンやブラック、濃いグレーなど、ダークトーンで統一すると、お部屋がまとまりやすくなります。
壁や今ある家具など、お部屋にホワイトの割合が多いときは、ポイントとなる大きめの家具だけをダークトーンにするとお部屋が締まります。

 

 

・ヴィンテージは素材選びから

使い古したような素材は、ヴィンテージスタイルにはマスト。
高級感のあるお部屋にしたい方はレザーアイテムを。
ラフに仕上げたい方はデニムを使ったアイテムが大人気です。
また、ウッド系を選ぶときは木目が強調されているデザインのものを選ぶことをおすすめします。
木目は時の経過とともに深い味わいが出るので、長く使い続ける楽しみが増えるでしょう。

 

・インダストリアルな小物を合わせる

スチールやメタリックな小物はヴィンテージインテリアとぴったり。
お互いが持つレトロなムードを引き立てあい、お部屋の印象がアップします。
収納ボックスやカトラリーをシルバーで揃えるのもオススメです!

 

おすすめヴィンテージ風インテリア

・年季の入ったコンロは置くだけでヴィンテージ感がアップ!

 

・木の素材を活かしたデザインとグレーの重厚感でさりげないヴィンテージ

 

・ダークブラウンが統一感がヴィンテージを演出。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
本格的なヴィンテージではハードルが高い方も、ヴィンテージ風にすることによって気軽に取り入れることが可能です。
家具や小物に少し気を使うだけで、ぐっとヴィンテージに近づきます。
そういったところを意識して、ぜひおしゃれなヴィンテージ風の家にしてみてください!

 

▼重信工務店では「土地探し」「不動産売買」「生涯設計」など家づくりのご相談から行っています。

https://www.shige-nobu.com/event

▼重信工務店のモデルハウスを見たい方はこちら

https://www.shige-nobu.com/modelhouse

重信工務店は、滋賀県湖南市・甲賀市に密着した工務店です。

土地探しから設計・施工・アフターメンテナンスまで、家づくりのことは何でもお任せください!

お問い合わせ&資料請求お問い合わせ&資料請求

お問い合わせ資料請求

  • chch土地を探している
  • chch家づくりについて知りたい
  • chchリフォームを相談したい

などお気軽にご相談ください!
ご相談内容に合わせて資料も送付いたします。

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る